スケルトン、成長する家

高強度耐力フレームで実現。スケルトン&インフィルー成長する家

▶従来の木造住宅は、柱と壁で強度を確保
 →家づくりに制約が多く、自由がない

▶SE構法は、鉄筋コンクリート同様の木骨構造。
 →間取りが自由・リフォームが簡単!!

スケルトン&インフィルーイラスト1

スケルトン&インフィルとは、
◉建物を「スケルトン(構造体)と
◉「インフィル(内装・設備)
とに別々に分けて設計する考え方です。
◉木造住宅では、唯一、SE構法が実現しています。
将来にわたり、ライフステージの変化にあわせ、
◉自由に間取りレイアウトを変えることができることが
特長です。
◉ご家族のライフスタイルによって変化し成長する家です。
SE構法の間取りの基本は、
◉ワンフロアワンルームですから、部屋を仕切る感覚で
間取りを変更できます。
◉室内に壁(耐力壁)がないため、
◉間取りの変更によって、建物の耐震性が乏しくなることはありません。
結果的に資産価値の減らない長寿命の家造りが実現しました。

スケルトンインフィルーイラスト2

◉お子様の成長による個室の増加、
◉2世代住宅とリフォームが必要になったとき、
◉間取り変更しやすく、
◉リフォームによる出費も大幅に削減できます。
例えば、
◉中古住宅で売却される時も間取りの変更が自由にできますので、
◉次に購入される方の要望にも十分対応できます。また、
◉構造計算書が付いた中古住宅とそうではない住宅では、
◉安心の差が査定に現れてきます。


資産価値の減らない家(住宅の資産価値を保つための条件)

◉ライフスタイルの変化に合わせた間取りの変更がしやすいこと
◉長期間の使用に耐えられ、耐震性・耐風性に優れていること
◉その性能が第三者により数値で証明されていること
◉構造躯体の長期保証がされていること       
                 ※参照:建築技術出版「資産になる家負債になる家」より

スケルトン木骨構造 成長する家1 建築当初の間取り 成長する家2 家族の成長に合わせてリフォーム 成長する家3

動画タイトルSE構法が80秒でわかる動画
分譲地、建売り住宅分譲地イメージ
施工事例施工事例写真
スタッフ紹介スタッフ紹介
スタッフブログスタッフブログ
ご契約からお引渡しまで
個人情報の取り扱いに付いて